ホスピタル病院

自分をモヒカン社畜だと思い込んでいる17歳JKのブログ

世界一難易度の高い愛。『SEKIRO | 隻狼』レビュー

f:id:exa_axe:20190406213608j:plain

愛、愛ってなんだ。ためらわないことさ(挨拶)

高難易度死にゲーでありながら救済措置を用意して、
結果「手段を選ばずプライドを捨てれば誰でもクリアまではいける高難易度ゲーム」
という非常に珍しいポジションを確立したソウルシリーズ、
それを開発したフロムソフトウェアが新たな死にゲーをもって帰ってきた。

救済措置を捨ててな!!

というわけで更なる高難易度と更なる爽快感を引っさげて登場した
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼』をレビューしよう。

まず先んじて言っておこう。
このゲームはソウルシリーズがヌルゲーに感じられるくらいキツイ。
ゆえに本作はおススメしない。
そこんとこよしなに。

続きを読む

5周年だし丸1年"シャブ"りつくした『グランブルーファンタジー』をレビューする。

f:id:exa_axe:20190310022723j:plain

グラブル5周年おめでとうございます。祝いに300連させて♡(挨拶)

年末はガチャピン!無料で最大100連ガチャも可能!とかいう
シャブでもやってんのかっていうアホアホ企画に釣られて
うっかり始めたアホアホマンたる自分もついに一年を(結構前に)突破。

やってく中で攻略サイトをよく見るんですが、
そういえばグラブルって攻略サイトは凄く多いけど、ちゃんと1年くらいやった上での感想やレビューした記事って見たことあんま無いな、と。
なら俺が書くか、と。
よしじゃあ年末に丁度1年経つ12月末に書くぞ!と決めて早3か月たってしまったが
スマホRPGの頂点!(と公式は言ってる)、超大作!(と公式は言ってる)の

『GRANBLUE FANTASY』をレビューしよう。

なお本記事の趣旨は「グラブルを良く知らない人にグラブルっつーのはこういうゲームだよ」っていうのを伝える記事です。
よしなに。

続きを読む

変わった世界と変わらなかったありきたりなモノ。『FARCRY NEW DAWN』レビュー

f:id:exa_axe:20190223011645j:plain

芸能人のゴシップよりもパートのおばちゃんのゴシップのほうが面白くね?(挨拶)

マクロな世界よりもミクロな世界のほうが面白い、ということは結構ある。
世界を守るなんかより自分の回りの世界を守りたいなんていうのはRPGでも良くある話じゃろ。

今作FARCRY NEW DAWN』(以下、FCND)は
一旦世界をリセットし小さな物語にすることでファークライシリーズに新たな夜明けを見せてくれた。
早速レビューするが、本稿はゲームの都合上前作のネタバレを大いに含むためその点ご容赦を。

続きを読む

空を飛ぶ格ゲー、あるいはデモンズソウル。『エースコンバット7』レビュー

f:id:exa_axe:20190126231035j:plain

空になりたい、自由な空へ。(挨拶)
人には翼が無くても空を飛べる。
それはヘリ、飛行機、そしてゲームがあるからだ。

本作のサブタイトル、スカイズ・アンノウン。直訳で”未知なる空”である。
自分はこのシリーズを初めてプレイしたので文字通り未知のゲーム体験だった。

そこでまず単刀直入にはっきりと言おう。
このゲーム、クソ難しい。

いやこれ同系統のゲームをやって無い人間にはめっちゃムズいのだよコレ。

と、いうことで『ACE COMBAT7 SKIES UNKNOWN』をレビューしよう。

 

続きを読む

神はサイコロを振らなかった。『GOD EATER3』レビュー

f:id:exa_axe:20190113002630j:plain

神に祈るのは女にフラれたときと下痢の最中のトイレだけと相場は決まっている。(挨拶)

あの時飲んだ牛乳が傷んでいたのか、食い過ぎたのか。
結果には必ず原因が付きまとう。

このゲームの出来という結果はきっとこれまで積み上げてきたシリーズのノウハウ、そしてプレイヤーの遊び方という原因があるのだと。

と、いうわけで神に祈るどころかぶった切って食い尽くすゲームの最新作『GOD EATER3』をレビューしよう。

続きを読む

2018年のブログ総決算。個人的GOTYと記事と感謝と。

f:id:exa_axe:20181230125506j:plain

ゆくとしくるとしいかがおすごし。(韻を踏んだ小洒落た挨拶)

さて、2月に開設してそのまま3ヶ月放置してようやくデビューした
本ブログホスピタル病院ですが
おおよそ2週間に一回というペースを守って更新が続きましたイエー。

というわけで今年の総決算として2018年のベストゲーの話とブログの話をします。
いつにもまして雑な記事ですがよろしく。

 

続きを読む

人間-ひと-を描く脚本。『JUDGE EYES -死神の遺言- 』レビュー

f:id:exa_axe:20181223013109j:plain

「マリオを動かすだけでもおもしろい」と言ったファミ通レビューがある。
40点満点だったこともあり、ネタにされたがこの気持ちはわからんでもない。
(正確にはマリオの挙動がキビキビしてて操作感が気持ちいい、ということだろうが)

特定のキャラクターを動かせるというだけで評価が上がることは良くある。
無双シリーズ格闘ゲームでキャラクターが削除されると評価が下がるように
プレイヤーはキャラに積み重ねた思いいれを持ち、
そしてそれが動かせたらまぁまぁ満足しちまうものだ。

じゃあ最初から皆思いいれのあるスターを動かせばいいよね!
珍しく頭を使ったSEGAが放つ、
キムタクに始まり、しかしキムタクに終わらぬゲーム。
『JUDGE EYES-死神の遺言- 』をレビューする。

続きを読む